1.物置とガレージが一体型であるものを探していくという考え方

日常的な使い勝手などの面を考えてみると、断然、物置とガレージとが一体化している型のものがやはり、役に立つような感じがします。

その代わり、それだけに物置小屋といったような保管をされている物品などの保存面などにおいても役に立つ仕様でなければなりませんので、それだけに頑丈かつ気温の変化や気候面での対応なども考慮に入れていかなければなりませんので、居住環境次第では建築などの際には、なるだけスペースや収容能力面での余裕がある設計をする分、必要なコストが掛かる場合も十分にあり得ます。

また、台風や初春の暴風などが多い地域環境などの場合には、なるだけそれらの風圧に耐えうる設計などにしなければなりませんので、その分の部材の調達やそのための資金などが必要になったりします。とくに中でも、注文物件での建築はやはり、専門家である建築士などからのアドバイスなどを仰ぐ形が無難かもしれません。

 

2.どのようなものが自分(達)にとって最適かを考える


これは1.の段落での話の続きになりますが、その地域環境毎に合った物件を探す、あるいは設計をしていくといったような形になりますので、この点を考慮に入れながら、物件選びや注文物件としての設計などを行っていく必要性は必須です。こうした前提を踏まえたうえで、現在の住環境に合う、物置ガレージの型を探していくといった形になります。

そして建売物件の場合、LIXILやタカダスタンダードホーム、ユニバーサルハウスなどのメーカーのものなどがありますが、価格もオーダーメイド式の注文物件の型のものよりも、設置・建築費用面でのコストは明らかに安いので、設置依頼の注文をメーカーにしてみる価値は大いにあります。

一方、注文物件の場合には、自分自身でデザインなどをも含めた設計を行い、そのうえで作成をした設計図面を建築業者や建築士などの力を借りて、建築を進めていくというような形になりますが、建築業者への依頼料だけでは無くて、建築家である専門家への依頼料支払い、その他建築段階で追加で注文や購入などを行う建材・部材などの購入をしたりして、再度の追加の設計などをしながら作業を進めていくといった流れになります。

設計のあり方次第では、そのための費用が高くなる、あるいはその逆、などといったような事が起き得るので、そうした面が注文物件といった、オーダーメイドでの物置ガレージの建築面での面白さであり、課題でもあります。

 

こういう物置って憧れませんか? → 物置

3.住宅の母屋と一体型のものを選ぶのも場合によっては手

余程の経費面においての余裕とかが無いようなお宅の場合には、母屋部分と一体型になったタイプのものを設計、あるいはそうする事が可能なものを注文購入して、建築・設置をしていくというような方法もあります。

そして母屋や住宅敷地内の状況次第では、DIY建具や部材などを格安で購入をしたりしたうえで、それを建築業者などとともに話し合いながら、建築などを進めていくといったような流れなどにしていく事も、決して不可能ではありません。

しかしながらそれでも、ある程度住宅建築やリフォームなどに関しての知識が無いとやはり、難しい面などは否めないところがあります。

 

まとめ

以上のように、なるだけスペースと収容能力の面に余裕があり、通常の建築価格に比べて低コストで建築・設置が可能な、物置とガレージの一体型である物件に関しての内容となります。

本当にそこのお宅や地域環境、建築したい設計のあり方その他、実に様々な事情により、かかる経費や部材・建材などの数なども違ってきたりしますので、それなりに様々な面での余裕を持っておく事が、必要条件になります。

関連記事

    None Found